excel

祝日判定VBA



Programming Tips


'現在のアクティブセルの位置を調べる。
 y = ActiveCell.Row                            
  x = ActiveCell.Column                         

'Cells(y, x)でセルの位置を指定する。代入可能。
Cells(y, x).Interior.ColorIndex = 6    色の変更
 Cells(y, x).Interior.Pattern = xlUp    パターンの変更
 Cells(y, x).Interior.PatternColorIndex = xlAutomatic    パターン色の変更
 この値は、マクロを記録してVBAで見るのが簡単。

範囲を指定するときは
「"左上のセル", "右下のセル"」
Range("A1", "C3").Value = 10

ワークシートまで指定するなら
With Worksheets("Sheet1")
    .Range(.Cells(GYO1, COL1), .Cells(GYO2, COL2)).Value = 1
End With
  


  • 選択しているセルの範囲を返す
Selection.Address

  • ファイルを開くダイアログボックス
Application.Dialogs(xlDialogOpen).Show ("ディレクトリパス")


  • Excel VBA sample2
全部のワークシートにページ設定し印刷実行
sub 印刷実行()
dim w as worksheet
for each w in worksheets
if w.name<>"do not print" then
with w.pagesetup
.zoom=false
.centerfooter="&P/&N page"
.fittopageswide=1
end with
end if
next
worksheets.printpreview
end sub



http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/9186/loan013.html#b

元利均等計算
Excelに用意されている以下の財務ワークシート関数を使用して算出しています。
 返済額・融資金額に関してはボーナス併用をサポートしていますが、ボーナス分は無条件に6ヶ月間隔、初回ボーナス返済までの月数6ヶ月として計算されます。

 ①返済額 = PMT(金利, 期間, 融資金額)
  小数点以下は切り捨てます。

 ②融資金額 = PV(返済額、金利、返済期間)
  小数点以下は切り捨てます。

 ③返済期間 = NPER(融資金額、毎月返済額、金利)
  小数点第3位以下は切り捨てます。

 ④金利 = RATE(融資金額、毎月返済額、返済期間)
  小数点第6位以下は切り捨てます。

なお、③、④は毎月返済額をもとに計算しますので、ボーナス分の金額を入力しても無視します。
ボーナス分の金額で算出したい場合は、概算としてボーナス分融資金額は毎月分融資金額の概ね半分、ボーナス分返済金額は概ねボーナス分返済額の概ね6倍の金額として算出してみてください。

  • 最終更新:2009-08-06 16:51:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード