Asus b150m-a d3

このマザーボードに付属のチップセットドライバによる、Virtualboxのトラブルと解決方法について


Virtualboxで、ゲストマシンにusbが繋がらない問題が発生した。
ホストマシンではusbは正常に認識する。
現象: vmでusbを選択すると、ホストからUSBが外れる音はするがvmからのusb検出音がしない。vm上のusbデバイス一覧のアタッチを示すマークも点かない。
もう一回usbデバイスを選択すると、デバイスビジーのエラーメッセージが出る。これはvmを再起動しても変わらずvm managerを終了するまで続く。

原因らしきもの;
1ヶ月苦労して色々やって原因判明。
Asusマザーボード付属DVDに入っている、チップセットドライバが原因だった。
win標準ドライバを使えばusbが正常に動く。
ホストがwindows8.1, 10 で確認した。vmは何が入っていてもダメだった。

対策?
普通に`windowsをインストールした状態で使えば良い。自動でwindows標準ドライバが入る。
asusDVDからチップセットドライバをインストールしてはいけない。

対応:
すでにいれちゃったチップセットドライバのアンインストール方法がわからなかったので、システム入れ直しになった。

解決への道のり:
Virtualboxの各種バージョンをインストールした。
USBの拡張カードを入れてみた。
Hyper-Vをインストールしてみた。
で、結局、Virtualbox forumで、似たような症状に悩む人のスレッドに便乗質問した。幸運なことに、このフォーラムの偉い人らしいStickybitさんが同じ症状に悩んでいて、そのスレッドはみんなASUS motherboardで、チョップセットはZ170かB150だった。この現象がASUS特有なのか、intel 100 seriesに特有なのか、どっちかと考えて、いろいろ検討していたら、私はRenesasのUSB3カードでの解決を試みている間に、Stickeybitさんが上記解決してくれた。うちの環境でも解決した。

ということで、1か月くらいかかったけど、今は快適に使用できる。

なお、この件はASUS chipset 100 series マザーボードのチップセットデバドラとVirtualboxと相性が悪いと言ってるだけで、ASUSが悪いというい誹謗中傷じゃないから、これを読んだ人、誤解なきよう。


  • 最終更新:2016-03-19 17:28:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード