ANDROID APPLI

Android システムアプリ

komado2 : android を wndowsのサブディスプレイにする。
http://komado.abt.jp/ : windows版をDL、インストールする。
google play : komado2 をインストールする。
 komado(旧バージョン)は、WUXGAなどの高解像度では動作が遅く実用にならない。低解像度なら実用になる。
 接続は TCP/IP のみ。androidのkomado2を起動したら、pcを選択するか、IPアドレスを入力する。
 USB接続や、bluetoothではつながらない。
 android側のタッチは、画面サイズの拡大にしか使えない。グラフィックソフトに直接入力するような使い方はできない。
ライセンス購入した。(800円)

キーボード・マウス共有ソフト:
 shareKM : フリー。Windows側に、サーバーソフトの他にJava Runtime Environmentをインストールしなければいけないので、まだ試していない。WIFI以外にBTやUSBでも使えるらしい。


エクスプローラー

AntTek Exp. : Windowsのエクスプローラーとよく似た違和感のないエクスプローラー。

X-plore : 2ウインドー型エクスプローラー。2つならべてコピーとかできるのでタブレットとして便利。また、X-plore イメージビューアは次の画像、前の画像の矢印が表示されて、写真を次々見るのに便利。

ES ファイルマネージャー:
 ESイメージブラウザは、下にフイルム上のアイコンが一列に並び、画像の選択、スライドショーが可能な点で便利。
 ESビデオプレーヤーも便利。
 Sambaサーバーを登録できる。FTPサーバーも登録できる。

AndSMB (samba client) : 
 FTPクライアントみたいに、sambaサーバーの特定のアカウントにログインしてファイルをup/downする作り。
 ESファイルマネージャーがあればいらない。

Android Terminal Emulator : Linuxのターミナルソフト。

Dropbox : アンドロイド用というわけでもないが、ファイルの同期に便利。N70とN50で動いた。

Samba Fielsharing : SAMBA サーバー。バックグラウンドで動き続ける。とても便利。ただしroot必要。

AndSMB : Samba client.
SMB File Sharing : Samba cliant.


Cloud Print :

プリンターサーバー設定
 WinPC側は、google chromeをインストールする。メニュー→設定→詳細設定→google 倉ウドプリントにログイン→google アカウント→プリンタ登録を完了

印刷手順:
 Google Chrome から印刷する方法: Chrome メニュー→ [印刷]→送信先] セクションで [変更]→[Google クラウド プリント]
 Androidで印刷: Chrome for Mobile をインストールし、Google アカウントにログイン。Google クラウド プリントのダイアログで、モバイル端末を選択
 Gmail、Google ドキュメントは、右上隅メニュー→[印刷]
 PCのファイルを印刷: Google クラウド プリントの管理ページ→[印刷] → [ファイルをアップロードして印刷] →[パソコンからファイルを選択]

カレンダー

Android5までに標準で入っていたカレンダーソフト。月表示が縦にスクロールするので月替わりを意識しないで間隔をつかみやすく、非常に便利。Android7に買い換えたら入っていなかったので探したら同じアイコンがこれだった。英語版っぽい。
Google Play : Calendar Duoserve

 PCからリモートするソフト



  • 最終更新:2018-09-30 23:01:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード